読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHOOSE LIFE

ダニー・ボイル監督、ユアン・マクレガー主演の青春映画の名作「トレイン・スポッティング」の20年ぶりの続編「T2 トレインスポッティング」が公開開始、早速上映しているMOVIX利府に駆け付けた。

この劇場には久しぶりに来た。

パンフレットは観賞後に良かったら買う主義だが、今回は上映前に速攻で購入。

編集発行は「松竹」・・・松竹のパンフといえば先日の「キングコング」もそうだった。なぜかコングの劇場販売グッズが皆無でショックを受けたことが記憶に新しいが、一応、グッズ販売コーナーを確認してみよう。すると・・・

「なんじゃ、こりゃーっ( ̄□ ̄|||)!」

キングコンググッズは相変わらず皆無だが、なんと「T2 トレインスポッティング」のグッズが、Tシャツ、フェイスタオル、トートバッグ、クリアファイル、ステッカー、タンブラーなど山のように売られている!

しかも、価格が高い!、Tシャツは3780円もする!

とりあえず、フェイスタオルとクリアファイルを購入したが、キングコングと大違いのこのグッズの充実ぶりは!?・・・映倫指定R15+の映画だというのに。

つまり、このグッズの充実ぶりは購買層をマーケティングしてのそれですか・・・本作を見に来るのは20年前の「トレスポ」のコアファンが中心だろうから、それなりの年齢だし購買力も購買意欲もあるだろうという・・・

「CHOOSE LIFE」のセリフがズシリと心に突き刺さります・・・

(完)